FC2ブログ

04/29のツイートまとめ

aumtrlphoton

早く学割おわら #一括0円
04-29 02:29

スポンサーサイト



04/28のツイートまとめ

aumtrlphoton

キャッシュバックがないと電気やさんもケータイショップもさみしいですね。
04-28 01:33

古事記除けは入り口に目立つように! シーサーみたいにしてほしい。
04-28 01:25

iphone4S バッテリー交換(3)




iphone4S バッテリー交換(2)

のつづきです。


購入した交換用のバッテリーはこちら



では、バッテリーを本体から取り外します。

ここからは静電気に注意してください。1度のバチン!で大切なあいほんが
死亡するかもしれません。作業前に何か金属に触れて、体にたまっている
静電気を放出してください。

他に静電気対策・予防策としては、全裸で作業するといいそうです。
自作PC板でたまに使われたコピペですね。
その昔、PCの自作を全裸でするのは基本中の基本でしたね。


まずはコネクターのネジ2つを外します。このネジ2つもとってもちっこいです。
長さが異なりますので、不安ならセロテープで紙に貼り付けて、どちらがどちらか、
後でわかるようにしておくといいでしょう。
0010
battery0010.jpg


ネジを外したら、ちっこい部品を取り出します。写真ではわかりにくいですが
バッテリーのコネクターと重なるように付いています。写真で言うと上のネジ
のところにあります。取り出す際に、この部品がとりつけられている向きを
覚えておきましょう。あとでどっちにどう付いてたっけwww と困るかもしれません。
またこの部品もちっこいのでピンセットがあると便利です。指ではなかなか難しいと思います。
0011
battery0011.jpg


・・・ここの作業、写真を撮ろうと思って忘れました。ここ重要なのにw すみませんw


取り出せたらコネクタを本体からひっこ抜きます。端っこに爪でも
付属の黄色いヘラ?でもひっかけて、てこの原理で外れます。
0012
battery0012.jpg


バッテリーを引っ剥がします。バッテリーは両面テープか接着剤か、
粘着性のもので固定されています。ゆっくり引っ張れば簡単です。
ただここで注意ですが、決して透明のラベル?を引っ張ってはいけません。
引っ張ってくれと言わんばかりに居座っていますが、ちょっとした罠です。
0013
battery0013.jpg


バッテリーの右側、バッテリーとケースの間に隙間があるので、
そこへヘラをつっこんで、てこの原理で少しずつバッテリーを浮かせます。
ゆっくり行えば問題ないです。
0014
battery0014.jpg


少し持ち上げた状態です。接着剤がビローンってなってます。
0015
battery0015.jpg


そのままゆっくり引っ張り続けると、このビローンが力尽きてゆきますが、
ビローンをカッターナイフやものさしなどで切ってあげると力尽きるのを
待たなくていいです。

取り出したバッテリーを見るとわかりやすい(写真0017)ですが、接着剤は、
バッテリの左右端に付いています。ですので、最初とは反対側からもヘラを
つっこんであげると捗るかもしれません。ただ、反対側、写真でみて左側から
ヘラを入れるとき、てこの原理で言うところの支点の下には基盤がありますので、
押しつぶさないように注意してください。

亡者の場合は、右側の隙間から見える接着剤をカッターで切ると、
↓こうなったので↓
0016
battery0016.jpg

反対側の接着材(赤い枠内)も切りました。



というわけでめでたくバッテリーを外すことができました。
0017
battery0017.jpg


比較写真
今回購入したものはこれ
0018
battery0018.jpg


あとは今やってきたことを逆戻ししていくだけです。

バッテリーコネクタのネジはとってもちっこく、ネジ穴にいれるのが
大変かもしれませんが、ドライバーに磁力があると簡単です。
ドライバーに磁力がない場合は磁石をドライバーの先にくっつけて
作業すると楽ちんです。
0019
battery0019.jpg



ちゃんと起動しました(^ω^)73%も残っていました。
0020
battery0020.jpg




作業は不慣れでも1時間はかからないと思います。


結果ですが、バッテリー交換前よりはマシになりましたが、
新品同様の状態になったという感じもしませんでした。
そんなもんなのですかね。


ちょっと不満ですがまぁよしとしましょう。


iphone4S バッテリー交換(1)